企画写真展のご案内

2017年06月10日(土)~07月23日(日)

世界遺産×富井義夫―地球への讃歌―

DF-8014-WH0757(©入り)
人類の歴史の足跡。世界遺産を撮り続ける富井義夫。
現地の臨場感あふれる作品たち。

【会 期】平成29年6月10日(土)~7月23日(日)
【入館料】一般700円、高校・大学生300円、小・中学生100円

99-3266-WH0466(©入り)HD-40961-WH1326(©入り)B-2189-WH1519(©入り)

世界中に赴き、長年にわたって世界遺産を撮り続けてきた世界遺産写真家 富井義夫。絶えず変化を繰り返す地球に点在する「人類の歴史の足跡」であり、宝物ともいうべき世界遺産の、魅力あふれる作品を展示いたします。
現在、私たちが見ることのできる自然や文化的建造物は、移ろいゆく地球の光景の断片に過ぎません。時間や天候など様々な条件によって姿を変え、私たちを魅了する世界遺産のその時にしか見られない表情をぜひご覧ください。


近影●富井 義夫(とみい・よしお) プロフィール
1953年東京都生まれ。1977年東京写真専門学校を卒業後、1982年に日本写真家協会会員となり、1988年に株式会社 写真工房を設立。世界遺産を中心に、人物、風景などを撮影した作品を多数発表。海外での取材を精力的に行い、世界遺産サイト565箇所を歴訪(2017年03月現在)。主な写真集に、『世界遺産 珠玉の80選』、『富井義夫が薦める世界遺産の旅 VISUAL BOOK』、『世界自然遺産 地球への讃歌』などがある。


●関連イベント (※観覧券をお求めください)

・富井義夫トークイベント  6月10日(土) 11:00~
作品についてお話いただきます。
・とやま室内楽フェスティバル2017 ミュージアムコンサート  7月8日(土)11:00~
荘厳な作品世界を美しく輝くカルテットの音楽と共にお楽しみください。
出演:アルネア・カルテット(弦楽四重奏)
・ほんわか写真談義 ~世界遺産を語るバスツアー~  7月1日(土)10:00~16:00
金山嘉宏館長と一緒に世界遺産相倉合掌造り集落と高岡御車山会館を巡りフォトロケー
ションをお楽しみください。
場 所:ミュゼふくおかカメラ館~相倉合掌造り集落(昼食)~高岡御車山会館
人 数:先着20名
参加費:6,500円 ※各施設観覧料と昼食代を含みます。
申 込:トナミ商事(株)トラベルサービス(担当 木下)まで電話でお申込みください。
TEL 0766-22-9855
(営業時間 8:30~18:00 第2・4土曜と日曜・祝日は休み)

開催期間 2017年06月10日(土)~07月23日(日)
会場 ミュゼふくおかカメラ館
入館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
入館料 一般700円、高校・大学生300円、小・中学生100円 ※団体20名以上は2割引き
※65歳以上の方は560円(免許証等をご提示ください) ※土・日・祝日は高校生以下無料
※祖父母と孫が一緒なら観覧料無料(対象:高岡市、富山市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市在住の祖父母)
前売券 前売600円・前売ペア券1000円
ミュゼふくおかカメラ館、高岡市ふくおか総合文化センター(Uホール)、アーツナビ(富山県民会館・富山県高岡文化ホール・富山県教育文化会館・新川文化ホール)
※前売券の販売は6/9(金)まで、ペア券はカメラ館のみの販売
特典 世界遺産×富井義夫展チケットで高岡御車山会館も併せてお得にお楽しみいただけます
※高岡御車山会館有料ゾーン 一般300円→240円でご覧いただけます
主催 公益財団法人高岡市民文化振興事業団 ミュゼふくおかカメラ館
共催 高岡市 高岡市教育委員会 北日本新聞社
後援 富山テレビ MRO北陸放送 高岡ケーブルネットワーク FMとやま 
協力 高岡御車山会館

ページの先頭へ