企画写真展のご案内

2017年07月29日(土)~10月01日(日)

高砂淳二写真展 「Dear Earth」

※メイン_広報S
世界の美景・絶景。自然写真家・高砂淳二。
地球の美しさや温かさを感じる作品たち。

【会 期】平成29年7月29日(土)~10月1日(日)
【入館料】一般800円、高校・大学生400円、小・中学生100円

_D8J3572(©入り) _D820759(©入り) _DSC6548(©入り)

地球全体をフィールドに活動する自然写真家・高砂淳二。高砂ただ一人によって世界中で撮影された世界の美景・絶景が一堂に会します。昨年東京で開催された高砂淳二写真展「Dear Earth」に、さらに水中や動物などの作品を加えパワーアップした完結編的写真展です。
多くの自然災害で自然への恐怖心や不安が膨らんでしまっている今、もう一度地球の美しさや温かさを感じてもらいたい。そんな想いを込めて開催いたします。


●高砂 淳二(たかさご・じゅんじ)プロフィール
高砂淳二顔写真
1962年宮城県石巻市生まれ、自然写真家。ダイビング専門誌の専属カメラマンを経て1989年に独立、海の環境NPO法人“OWS(Oceanic wildlife society)”理事。地球全体をフィールドに海中、生き物、虹、風景、星空などを撮影。ザルツブルグ博物館、東京ミッドタウンフジフイルムスクエア、コニカミノルタプラザ、渋谷パルコなどで写真展を開催。本写真展と同タイトルの写真集『Dear Earth 』をはじめ 、7月31日発売の『LIGHT on LIFE』、『free』、 『BLUE』、『night rainbow 祝福の虹』、『ASTRA』など著書多数。

 


●関連イベント (※観覧券をお求めください)

・高砂淳二トークイベント  7月29日(土)、9月16日(土)
両日とも11:00~ ギャラリートーク/14:00~ スライドトーク

スライドトーク司会:垣田文子(FMとやま「grace」パーソナリティー)
会場:ミュゼふくおかカメラ館
・ミュージアムコンサート ―hibiki―  8月12日(土)14:00~
出演:松本ちこ(ピアノ弾き語り)
曲目:ひこうき雲 コーヒールンバ
・つくりもんまつりナイトミュージアム&ライトアップ  9月23日(土)、24日(日)
福岡つくりもんまつりの夜は20:00まで会館延長します。(入館は19:30まで)
※ライトアップは荒天中止

開催期間 2017年07月29日(土)~10月01日(日)
会場 ミュゼふくおかカメラ館
入館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
入館料 一般800円、高校・大学生400円、小・中学生100円 
※団体20名以上は2割引き
※65歳以上の方は640円(免許証等をご提示ください) 
※土・日・祝日、夏休みは高校生以下無料
※祖父母と孫が一緒なら観覧料無料(対象:高岡市、富山市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市在住の祖父母)
前売券 前売700円・前売ペア券1,200円
ミュゼふくおかカメラ館、高岡市ふくおか総合文化センター(Uホール)、アーツナビ(富山県民会館・富山県高岡文化ホール・富山県教育文化会館・新川文化ホール)
※前売券の販売は7/28(金)まで、ペア券はカメラ館のみの販売
主催 公益財団法人高岡市民文化振興事業団 ミュゼふくおかカメラ館
共催 高岡市 高岡市教育委員会 北日本新聞社 北日本放送
後援 高岡ケーブルネットワーク FMとやま 
協賛 県民芸術文化祭2017協賛事業
協力 高砂写真事務所
企画協力 M&M Color

ページの先頭へ