【職員募集】ミュゼふくおかカメラ館 契約職員を募集します

平成28年06月28日(火)NEW

ミュゼふくおかカメラ館では平成28年8月1日付けで採用する契約職員を募集いたします。
募集要項など詳細は下記のリンクをご参照ください。

http://www.takaoka-bunka.com/

続きを読む

7月・8月のイベントのお知らせ

平成28年06月21日(火)

栗林慧×西島 治樹「め・目・メ」展
5月28日(土)~7月10日(日)
開催中のイベント


■栗林 慧トークショー「ようこそ KURIVISION
の世界へ」
とき:7月3日(日)午後2時~
ところ:Uホール1階イベントホール
※カメラ館入場券(あるいは半券)が必要です(当日会場受付で販売します)

■五環の森プロジェクト×万葉
前田一樹(五環の森プロジェクトエグゼクティブ・ディレクター)がスペシャルゲストをに迎え、次のステージを語ります。
とき:7月10日(日)午後2時~
ところ:ミュゼふくおかカメラ館エントランス

◆お問い合わせ
高岡市民会館
〒933-0044 富山県高岡市古城1-3
TEL:0766-20-1560 (月曜休館)
http://www.shimin-kaikan.com
info@shimin-kaikan.co
………………………………………………………………………….

岩合光昭どうぶつ写真展 地球の宝石
会期:平成28年7月16日(土)~9月25日(日)
会期中のイベント

セグロジャッカル©■岩合光昭トークショー&サイン会
ところ:7月23日(土)11:00~
会 場:高岡市ふくおか総合文化センター(Uホール)

●岩合光昭トークショー
MC/垣田文子(FMとやま『grace』パーソナリティ)
・トークショーの参加には事前申込みが必要です。300名様限定、応募多数の場合は抽選となります。
往復はがきでお申込みください。往信ウラ面に住所、氏名、電話番号、参加人数(2名様まで)、返信オモテ面に住所、氏名をご記入のうえ、ミュゼふくおかカメラ館「岩合光昭トークショー」係までお送りください。ご応募はお一人様1通までとさせていただきます。
【申込しめきり:6月30日(木)必着】

応募はがき-01

応募はがき-02


・電話による受付や結果のご案内はいたしません。7月10日頃までにハガキの返送をもって結果をご案内します。

● 岩合光昭サイン会
・サイン会はトークショー終了後Uホール会場にて開催します。当日9:30よりUホール会場で写真集をご購入いただいた方にサイン会整理券をお渡しします。(事前申込不要・先着150名様)

※駐車場に限りがございますので当日はできるだけ公共交通機関をご利用ください。
案内地図-01

■どうぶつ写真大集合!
【応募期間:7月16日(土)~8月31日(水)】
ペットなど動物が写っている写真を募集します。写真は会期中カメラ館で展示します。ご応募いただいた方にはカメラ館オリジナルグッズをプレゼント!
※写真は2Lサイズ以下のプリントに限り、お一人様3点まで、持参のみ受け付けます。(郵送不可)
※写真は返却いたしませんのでご了承ください。

■ミュージアムコンサート-hibiki-
とき:8月11日(木・祝) 14:00~
ところ:ミュゼふくおかカメラ館エントランス
出演:クレア/納村真紀子(ソプラノ)・松井千代子(ピアノ)・川口智子(パーカッション)
曲目:Memory(ミュージカル「キャッツ」より)、踊る子猫 ほか

■富山市ファミリーパーク 山本園長さんのおはなしをきこう!
とき:8月21日(日) 14:00~
ところ:ミュゼふくおかカメラ館エントランス
ニホンライチョウの人工飼育や里山展示など、全国から大きな注目を集めている富山市ファミリーパークの園長・山本茂行さんに、生きものや私たち人間の“いのちのつながり”についてお話ししてもらいます。

…………………………………………………………………………………………

ワンダーフォトコンテスト作品募集

募集テーマ:「かがやき」

ワンダーロゴ-01ワンダーフォトコンテストは世代を超えて“写真の楽しさ”を伝えることを目的にミュゼふくおかカメラ館が開催しているフォトコンテストです。今年の募集テーマは「かがやき」として大募集します!

さまざまなかたちを織りなす光の「かがやき」や、生命力やエネルギーなどイメージとしての「かがやき」、そして開業1周年を迎えさらに発展をみせる北陸新幹線の「かがやき」など、あなただけのオリジナリティあふれる「かがやき」をぜひご応募ください。審査員にはハービー・山口さんを迎え、高岡から全国へ発信するフォトコンテストを目指します。やわらかな感性と自由な発想で楽しくつくりあげた作品の数々をお待ちしています!

【募集期間】
平成28年6月1日(水)~11月30日(水) ※当日必着
詳しくは ワンダーフォトコンテスト作品募集

続きを読む

栗林 慧×西島 治樹「め・目・メ」展

©入り栗林慧西島治樹

この度、五環の森プロジェクトの一環として、昆虫写真家・栗林 慧×媒体芸術家・西島治樹「め・目・メ」展をミュゼふくおかカメラ館にて開催いたします。視覚を司る「様々な角度からの目」をキーワードに栗林 慧×西島治樹 両氏の作品を同時に展示し、見て感じて楽しめる新たな表現の企画展を開催いたします。
栗林氏が医療器具等を駆使し再現する「虫の目レンズ」の風景と、西島氏の「ピンホールカメラの目」から投影される風景、そしてそこに介在する「私たちの目」。3つの「め」から紡がれる未だかつてない新たな世界をどうぞお楽しみください。
また、今回の写真展は栗林氏の50余年の集大成でもあります。昆虫たちのユニークな営みとともに、小さな生命たちのメッセージを感じ取っていただければ幸いです。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。
……………………………………………………………………..

昆虫写真家
栗林 慧
Satoshi KURIBAYASHI

1939年中国大陸(瀋陽)生まれ。長崎県平戸市在住。1960年東京綜合写真専門学校卒業。1969年フリーの生物生態写真家となる。アンスコカラーコンテスト最優秀賞(‘65)、日本写真協会新人賞、ニコン伊奈信男賞(‘78)、西日本文化賞(‘91)、日本写真協会年度賞、科学技術映像祭において内閣総理大臣賞受賞(‘92)、日本写真協会年度賞(‘02)、サンケイ児童出版文化賞(‘05)、レナート、ニルソン賞(スウェーデン)(‘06)、長崎県民文化賞など受賞多数。これまで約60冊もの写真集など出版、個展は約50回を重ねる。医療用内視鏡などを基に、改良を重ねて作った自家製のレンズは、「虫の目」で見える風景を再現しているといわれており、国内外で高い評価を得ている。2008年紫綬褒章受章。

……………………………………………………………………..

媒体芸術家
西島 治樹
Haruki NISHIJIMA

1971年静岡県生まれ。高岡市在住。美術家・媒体芸術家。東京芸術大学大学院修了後、IAMAS(岐阜県立情報科学芸術アカデミー)卒業。ARS Electronica /Award of Distinction賞(オーストリア)、 Images Festival / Best of Installation賞(カナダ)、VIDA4.0 グランプリ(スペイン)など国内外で受賞。映像・コンピュータ・自然の法則を組み合わせて、仮説として捉えた世界感をメディアアート作品として発表。これまでに電波、パチンコ、映画、国境などをテーマに、真面目なユーモアや大きな誤訳を作品に取り入れながら、様々な社会問題を提起する。五環の森プロジェクト(‘15)では「枯れたGPSのために」と題し、オーケストラ・アンサンブル金沢との共演を果たす。富山大学芸術文化学部准教授。
……………………………………………………………………..

◆お問い合わせ
高岡市民会館
〒933-0044 富山県高岡市古城1-3
TEL:0766-20-1560 (月曜休館)
http://www.shimin-kaikan.com
info@shimin-kaikan.co

開催期間
:平成28年05月28日(日)~07月10日(日)

> 詳しくはこちら

はたらくカメラ!

はたらくアイキャッチ
平成28年度コレクション展「はたらくカメラ!」

カメラでどんなことができるんだろう?カメラってなんのためにあるのかな?カメラにできる”おしごと”みてみよう!
記念撮影用のスタジオカメラや報道用のプレスカメラ、スパイ活動に使われたといわれる極小型カメラや戦時中に使われた軍用カメラなど、さまざまなフィールドで活躍してきたカメラをその用途ごとに展示・解説します。夏休み期間中は高校生以下無料で楽しめるイベントも開催予定。

柴田Ⅰ866ゼニット-ES フォトスナイパー仕様柴田Ⅰ98シュタイネックABC

開催期間
:平成28年04月09日(日)~09月25日(日)

> 詳しくはこちら

ワンダーフォトコンテスト作品募集・ ワンダーフォト写真展

ワンダーロゴ-01
ワンダーフォトコンテスト作品募集

募集テーマ:「かがやき」

ワンダーフォトコンテストは世代を超えて“写真の楽しさ”を伝えることを目的にミュゼふくおかカメラ館が開催しているフォトコンテストです。今年の募集テーマは「かがやき」として大募集します!
さまざまなかたちを織りなす光の「かがやき」や、生命力やエネルギーなどイメージとしての「かがやき」、そして開業1周年を迎えさらに発展をみせる北陸新幹線の「かがやき」など、あなただけのオリジナリティあふれる「かがやき」をぜひご応募ください。
審査員にはハービー・山口さんを迎え、高岡から全国へ発信するフォトコンテストを目指します。やわらかな感性と自由な発想で楽しくつくりあげた作品の数々をお待ちしています!

ハービー山口

審査員
写真家 ハービー・山口

1950年 東京都生まれ。1973年よりロンドンに10年滞在し写真家の礎を築く。アーティストから市井の人々を、モノクロームのスナップ・ポートレイトというスタイルで撮り続けている。エッセイ執筆、ラジオ、テレビのパーソナリティなど幅広く活動している。2011年度に日本写真協会賞作家賞を受賞。

 

【募集期間】平成28年6月1日(水)~11月30日(水) ※当日必着

………………………………………………………………………

《ワンダーフォトコンテスト募集要項》


◇募集テーマ
「かがやき」をテーマとした風景、人物などの写真

◇募集部門
①一般部門(大学生以上)   ②小学生・中学生・高校生部門

◇賞品
大賞(各1名):①一般部門 3万円   ②小学生・中学生・高校生部門 1万円

◇審査員
ハービー・山口氏
北日本新聞社写真部長 富山県写真連盟委員長 富山県写真家協会会長
ミュゼふくおかカメラ館館長

◇表彰式
平成29年1月下旬(予定) ※表彰式終了後、県内審査員による講評会を予定。

◇応募方法
・作品裏面に応募用紙をテープで貼りつけて提出してください。
※応募用紙がない場合は必要事項を記入した紙を貼ってください。様式は問いません。
・サイズは四つ切(ワイド可)またはA4サイズとし、カラーまたはモノクロの印画紙プリントに限ります。
・応募は1人1点まで、平成27年以降に応募者本人が撮影した未発表の作品に限ります。
・組写真、デジタル加工は不可とします。

◇応募について
・応募作品はオリジナル・未発表のものに限ります。
・応募者は応募作品の撮影者本人に限ります。
・応募作品に関して第三者との間で問題が生じた場合、すべて応募者の責任において対処し、主催者は一切責任を負いません。
・入賞作品の著作権は撮影者に帰属します。
・入賞作品の使用権は主催者に帰属するものとし、主催者が行うPR活動等に許諾なく無償で使用できるものとします。
・応募作品は返却いたしません。

◇作品の展示について
・すべての応募作品は「ワンダーフォト写真展」で展示します。

◇応募先
〒939-0117高岡市福岡町福岡新559
ミュゼふくおかカメラ館「ワンダーフォトコンテスト」係

……………………………………………………………………………………………………..

ワンダーフォト写真展

※全応募作品を展示します

「ワンダーフォトコンテスト」の全応募作品に加え、県内で活躍する写真家の作品なども展示し、幅広い世代の公募写真展として開催します。
【会  期】   平成29年1月21日(土)~ 2月19日(日)
【開館時間】  9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】   月曜日

 

募集期間
:平成28年06月01日(日)~11月30日(日)

> 詳しくはこちら

ページの先頭へ