4、5月のイベントのお知らせ

平成28年04月24日(日)

五環の森プロジェクト「め・目・メ」展
昆虫写真家・栗林慧× 媒体芸術家・西島 治樹

5月28日(土)~7月10日(日)

オープニングトーク
「め・目・メ」 栗林 慧×西島 治樹
とき:5月28日(土)午後2時~
ところ:ミュゼふくおかカメラ館エントランス
◆お問い合わせ
高岡市民会館
〒933-0044 富山県高岡市古城1-3
TEL:0766-20-1560 (月曜休館)
http://www.shimin-kaikan.com
info@shimin-kaikan.co

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(終了したイベント)
たくさんのみなさまのご来場を頂きましてありがとうございました!

 

3

木村芳文×白山自然美術館 コラボレーションムービー

・ミュゼふくおかカメラ館エントランスにて会期中常時上映

白山自然美館 https://www.facebook.com/hakusanartmuseum/

●木村芳文ギャラリートーク&サイン会
4月9日(土)14:00~
5月3日(火・祝)14:00~
※観覧券をお求めください

ミュゼふくおかカメラ館 多目的ホール
木村氏の撮影エピソードを直接聞ける貴重な機会です。
聞いてみたかったテクニックのお話が聞けるかも…?!
みなさまのご参加をお待ちしております。

●サクラ ナイト ミュージアム!
4月9日(土)20時まで開館

上映会&ライトアップチラシ
★コラボレーションムービー&ライトアップチラシはこちら!

オープニングの9日は夜間延長&カメラ館のライトアップを実施します。
夜桜とカメラ館の幻想的なコラボレーションをお楽しみに☆

●木村芳文写真展ワークショップのお知らせ
「星景写真を撮る」

直接初歩の1ショット撮影から新星景写真の最新技術まで解説します。
木村氏の撮影アドバイスを直接聞ける貴重な機会です。

・星空の露出と様々な星景写真手法
・新星景写真の撮影テクニック
・星景写真のRAW現像からPhotoshopを使った画像処理

第1回 4月23日(土)13:00~16:30
第2回 4月24日(日)13:00~16:30

参加費:1500円(テキスト代込)
定員:20名(先着順・要申込)

※参加ご希望の方は、ミュゼふくおかカメラ館へ
→ TEL:0766-64-0550
くわしい内容等については木村氏HP、Facebookをご覧ください。
公式ホームページ http://2702.jp/
フェイスブックページ https://www.facebook.com/2702.jp

 

●ミュージアムコンサート―hibiki―
(ラ・フォル・ジュルネ連携)
「山と星と音楽と~ハープに寄せて」5月1日(日)14:00~
ミュゼふくおかカメラ館エントランス
【出演】平尾祐紀子(ハープ:金沢市出身)予定
※観覧券をお求めください

 

続きを読む

3月のイベントのお知らせ

平成28年02月24日(水)

(終了したイベント)
たくさんのみなさまのご来場を頂きましてありがとうございました!


●ミュゼふくおかカメラ館 金山館長による
「写真談義」開催!!

写真談義ロゴ

ミュゼふくおかカメラ館館長がエスコート役としてお送りする、写真好きの・写真好きによる・写真好きのためのイベント!
もちろん初心者も大歓迎です!
カメラや写真のあれこれを楽しくワイワイ語りましょう♪
(申込は不要、当日参加もOK!)
※観覧券をお求めください

第1回●3月5日(土)午後1時~
テーマ:「花の撮りかた」
花を見たまま、美しく撮るのは簡単そうで実はとても難しいものです。
「構図はどうしたらいいの?
「露出は?絞りは?」
そんなあなたの“?”に答えます!

第2回●3月21日(月・祝)午後1時~
テーマはずばり「フリー」!
展示されている作品や、カメラや写真、作品づくりについての疑問など、参加者のみなさんで自由に作り上げる座談会です。

続きを読む

栗林 慧×西島 治樹「め・目・メ」展

©入り栗林慧西島治樹

この度、五環の森プロジェクトの一環として、昆虫写真家・栗林 慧×媒体芸術家・西島治樹「め・目・メ」展をミュゼふくおかカメラ館にて開催いたします。視覚を司る「様々な角度からの目」をキーワードに栗林 慧×西島治樹 両氏の作品を同時に展示し、見て感じて楽しめる新たな表現の企画展を開催いたします。
栗林氏が医療器具等を駆使し再現する「虫の目レンズ」の風景と、西島氏の「ピンホールカメラの目」から投影される風景、そしてそこに介在する「私たちの目」。3つの「め」から紡がれる未だかつてない新たな世界をどうぞお楽しみください。
また、今回の写真展は栗林氏の50余年の集大成でもあります。昆虫たちのユニークな営みとともに、小さな生命たちのメッセージを感じ取っていただければ幸いです。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。
……………………………………………………………………..

昆虫写真家
栗林 慧
Satoshi KURIBAYASHI

1939年中国大陸(瀋陽)生まれ。長崎県平戸市在住。1960年東京綜合写真専門学校卒業。1969年フリーの生物生態写真家となる。アンスコカラーコンテスト最優秀賞(‘65)、日本写真協会新人賞、ニコン伊奈信男賞(‘78)、西日本文化賞(‘91)、日本写真協会年度賞、科学技術映像祭において内閣総理大臣賞受賞(‘92)、日本写真協会年度賞(‘02)、サンケイ児童出版文化賞(‘05)、レナート、ニルソン賞(スウェーデン)(‘06)、長崎県民文化賞など受賞多数。これまで約60冊もの写真集など出版、個展は約50回を重ねる。医療用内視鏡などを基に、改良を重ねて作った自家製のレンズは、「虫の目」で見える風景を再現しているといわれており、国内外で高い評価を得ている。2008年紫綬褒章受章。

……………………………………………………………………..

媒体芸術家
西島 治樹
Haruki NISHIJIMA

1971年静岡県生まれ。高岡市在住。美術家・媒体芸術家。東京芸術大学大学院修了後、IAMAS(岐阜県立情報科学芸術アカデミー)卒業。ARS Electronica /Award of Distinction賞(オーストリア)、 Images Festival / Best of Installation賞(カナダ)、VIDA4.0 グランプリ(スペイン)など国内外で受賞。映像・コンピュータ・自然の法則を組み合わせて、仮説として捉えた世界感をメディアアート作品として発表。これまでに電波、パチンコ、映画、国境などをテーマに、真面目なユーモアや大きな誤訳を作品に取り入れながら、様々な社会問題を提起する。五環の森プロジェクト(‘15)では「枯れたGPSのために」と題し、オーケストラ・アンサンブル金沢との共演を果たす。富山大学芸術文化学部准教授。
……………………………………………………………………..

◆お問い合わせ
高岡市民会館
〒933-0044 富山県高岡市古城1-3
TEL:0766-20-1560 (月曜休館)
http://www.shimin-kaikan.com
info@shimin-kaikan.co

開催期間
:平成28年05月28日(木)~07月10日(金)

> 詳しくはこちら

はたらくカメラ!

はたらくアイキャッチ
平成28年度コレクション展「はたらくカメラ!」

カメラでどんなことができるんだろう?カメラってなんのためにあるのかな?カメラにできる”おしごと”みてみよう!
記念撮影用のスタジオカメラや報道用のプレスカメラ、スパイ活動に使われたといわれる極小型カメラや戦時中に使われた軍用カメラなど、さまざまなフィールドで活躍してきたカメラをその用途ごとに展示・解説します。夏休み期間中は高校生以下無料で楽しめるイベントも開催予定。

柴田Ⅰ866ゼニット-ES フォトスナイパー仕様柴田Ⅰ98シュタイネックABC

開催期間
:平成28年04月09日(木)~09月25日(金)

> 詳しくはこちら

ページの先頭へ